接触

――『接触』――

 小さな音が聞こえた。ドンドンドン。その音の後に誰かが呼びかける声がした。
「おーい……」誰だろう、その呼びかける雰囲気から誰かを呼んでいるみたいだ。

 ふふっ。そんなの今の俺には関係ない。俺は夢の中だ。  ドンドンドン。今度は少し音が大きくなったみたいだ。そしてまた同じような声が聞こえた。
「おーい、いつまで……」  ふふっ、俺には関係ない世界だ。今は夢の世界だ。

 ドンドンドン。明らかに音ははっきり聞こえだした。
「おーい。大友。いつまで寝ているんだよー」  分かった。俺を起こしているんだ。慌てて起き上がり、ふらつく足で玄関の鍵を開けた。声の持ち主は警部。間違いないだろう。
「おい大友。いつまで寝ているつもりだ」

 玄関のドアを壊す勢いで警部の顔が現れた。
「そんなに寝ていましたか俺」
「ああ、何十回ドアをたたいた事か」
「そうですか、すいませんでした警部」  俺はただ、謝るしかなかった。「昨日仕入れた情報を話せ、今すぐに」

 そう言って警部は俺に凄んでいる。俺に凄んでも意味はない。その事は警部にも分かっている事だろうが、そうしなければいけないほど、警部は情報を求めているのだろう。だがその警部の後ろに誰かがいる。別に幻ではない。山下だ。俺の脳細胞が、その山下を認識する事を嫌がっているようだ。
「あのー、警部。話しても良いのですが……この話はオフレコでお願いしたいのですが」
「オフレコ?」そう言ってから振り返り

広島「輸入自動車ショー」行ってきました

アルファロメオだったかな? クラッシックカー、ってそのままや
典型的なアメ車です BMWだったと思うけど、定かではない

警告!!

私たちは、あなたの未払いの基金が賃金が盛り土するウェスタンユニオンMoney Transferに見つけられたという個人と会社のリストの中のあなたの名前…←こんな事がある訳ない!! ネットワークビジネスで成功するの?…防犯に関する情報や悪徳商法(MLMなど)の詐欺被害を警告するサイトです。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります