探偵に関する個人的な意見

 探偵に関する個人的な意見を言えば、殆どの映画に言える事ですが、ストーリーに関して感心するほど(とは言ってもそれが仕事だから当たり前だと言う意見もあり得ますが)練られていると言う点でしょう。特に伏線が面白いですね。素人には思いつかないようなトリックが仕組まれています。

 そしてネット上の感想では「第二部オカマのことはオカマに聞け!」探偵の捜査は行き詰ります。橡脇陣営を敵に回しただけでなく、ヤクザも敵に回したのです。捜査は行き詰ります。ススキノ歓楽街も、今回の事件ではシカトを決め込みます。そんな時に、マサコちゃんが可愛がっていたオカマの卵がいたというのです。しかし、ススキノからは、事件直後に姿を消しています。

 とりあえず、探偵と高田はその線を追います。消されてはいませんでした。故郷の室蘭に帰っているというのです。そういえば、マサコちゃんも室蘭出身でした。弓子も、強引に室蘭捜査に加わります。製鉄所の多数の社宅が建ち並んでいました。一戸一戸聞いてもラチがあきません。ここで、意外な探偵力を示したのが、弓子でした。左手を唇の横に置き、「こんな子、知らない?」と聞いたのです。

 あちこちのサイトに書かれた感想で、「真犯人があっけない」という感想が多く聞かれます。確かに、地元の有力政治家を黒幕だと臭わせた割には、肩透かしの感もします。でも、この映画の脚本家をして、監督をして、そんな駄作を送り出すはずがない。

 “相棒”高田(松田龍平)との名コンビ復活も楽しみな本作について、当たり役となった“探偵”役の大泉に詳細を聞いた。続編では、複数の人間たちの思惑が交差する北海道はススキノ全体を舞台に、友人の死の真相を探る“探偵”の俺と“相棒”高田の奔走を描くアクションエンターテインメント。

 映画探偵はバーにいるに関する感想やストーリー、あるいは実際の探偵がどのような仕事をしているのか、について探偵 大阪latch.jpあるいはhttp://eiga.com/等より引用しています。

 薬局に行き処方箋に基づいた薬を頂く(正確には購入する)、内容は痛み止めの座薬と尿がたくさん出るようになる薬の2種類でした。もちろん他にも使用する薬はあるようですが、現段階で頂いた薬はこの2種類です。

 飲酒は医師により判断が分かれるようですが、現在の主流は「ビールを飲んでも医師が排出されやすくなることはない」という意見の方が多いようです。昔はビールを飲ませて排出を推し進める考え方もあったようです。

 と言う訳で自宅に戻った後、痛みも感じませんし、排尿も以前と同じ状況で、量も色も正常なイメージ。ただ家族に黙っているのはまずいので一応伝えましたが、家族の目には普通に過ごしている私を病人とは見ていない雰囲気でした。

小説-自分の名刺を取り出し 警部と地下の食堂に
読めと言われたからには 島に上陸して既に丸二日

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります