試ネタのタイトルは釣りにしろ

ネタのタイトルは釣りにしろ!! 新聞や雑誌の見出しを読んでみればわかる、内容は殆ど噂の域を出ないが、見出しだけは人目を引くような単語を使っている。テレビを見ても噂を大袈裟に書いている場合が多い。いかに釣りのタイトルを書くことが出来るか? 勉強する意味は高いですね。

嘘くさい情報に注意するのは誰でもできる事だが、あまりにも本当らしい情報に見せかけて嘘の情報を流す人がいる。このあたりがネットの特性でうその話をいかに信憑性を高めることが出来るか? 文章の書き方は奥が深いとつい思ってしまう。

嘘の情報を読んで信じていた場合、情報源を探す場合があるが、この場合問題点を間違えてはならない。悪気があってその情報を流すのか? それとも情報不足のために誤った情報を流してしまったのか? と言う点ではなく、嘘の情報を信じてしまう自分が悪いのである。

キーワードは呟かない。せっかく見つけた美味しいキーワードであっても、ツイッターなどでつぶやくとたちまちの内に拡散されて多くのアフィリエイターが狙ってくる。結果的に自分自身の収入につながらないで、何らかの機会に見つけたキーワードは隠しておくことをお勧めします。

ネットでのビジネスに、ある程度の実績がある人の特徴として、次に稼ぐ為の方向性として「ネットで稼ぐ方法」をネタにして稼ごうと考える傾向がある。それらの情報を信じても構わないと思うし、実践する事もお勧めしたい。但し実現不可能な話しを書く人もいるので注意が必要です。

  1. 1ドルの価値があるブログ達
  2. 広島在住、デザインの研究をしたい 南船場ハートビル
  3. まさかこんなに大変な日が来るとは ヤギショー
  4. 人生の生き方を研究し紹介します 
  5. ネットを利用して稼ぐ方法 小田原城二の丸広場
  6. 萌って、私中年親父!! 更埴インター

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります