情報商材の売れ行き

 最近、稼がない情報商材の売れ行きが好調になっているようです。ダイエットとか、子育てのポイントとか、そんな分野です。 以前からこの分野の情報商材があることは知っていましたが、知った当時はそれほど内容がともわない印象があって毛嫌いしていたのですが、やはり皆さん、稼ぎたいんでしょうね、徐々にグレードアップしているようです。

 いま狙っている分野は『もてる』という分野です。前回ブログ記事に書いた方法で実行してみようかと思っています。その反面777計画は頓挫しています。ちょっと情けない話ですが、当初予定していた「企業からのコメントを頂いて、そのコメントを基にアフィリエイトリンクを作成しよう」という計画が止まっているのです。

 原因はひとつ、企業からのコメントが頂けなかった。要するに「コメントをいただけないでしょうか?」とメールを送ったのですが、どうやら無視されている様子でまったく返信がありません。 ですので、777計画は最初から練り直しです。本業がなければすぐにでも手を付けるのですが、自由な時間って限られていますからね。

 「もてる」いい響きだと思いませんか?ブログで収入公開テーマ:ブログ 収入 いやー、先月の受取額を公開するの忘れてました。嫌味な男とは思わず「トラック運転手でも稼げるんだなー」などと思い、アフィリエイトやアドセンスを頑張ってください。と言う訳で先月の受取額です。107967円でした。あれっ? と思われた方、グーグルのアドセンス広告収入は10月1日付で振り込まれていました。

雑談的SEOって楽しいよね

 稼ぐって言う言葉が好きな人と嫌いな人とに日本人を別けると、50%の人が好きで、50%の人が嫌いになる(かも知れない)だろう。だが、嫌いと言う人に限ってアフィリエイトの本質を探ろうとはせず、ただ「嫌い」と主張するばかりだ。しかも会社(もしくは自営業)に行き、仕事をして賃金を頂いている。

 会社に行くのは稼ぐために行くんだろう? やりがいのある仕事だから? もしもやりがいのある仕事だからいく、と言う人がいれば、賃金なしで働け。……ミクシーで見かけた記事を読んだおかげ? でちょっと憤慨しています。

 さて、本題。アドセンス広告で収入を得たいと考えた場合に重要な事は、いかにクリックしていただけるか? という点でしょう。どんなにクリック単価の高い広告が表示されたとしても、結局、クリックして頂けないと、自分の収入には結びつきませんよね

 だからと言って「この記事↓をクリックしてください」などと来訪者にお願いしてはいけないと、規約に書かれています。ですので、万が一この規約(他も含めるすべて)を破ろうものならすぐにアドセンスの停止になります。このぐらいは誰でもご存知ですよね?

小説-自分の名刺を取り出し 警部と地下の食堂に
読めと言われたからには 島に上陸して既に丸二日

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります