9月分の受取額

 ですので9月分の受取額に入れるとウソの申告になりますよね、そんな訳で合計額には入れていません。……やっぱり物足りないので申告します、10月の受け取り分としてグーグルは267,676円ほどありました。この金額を足すと、約37万円なり。と言いつつも、来月の受けとりは30万円を切りそう……正直、メインにしているキーワードでヤフーからの来訪が少なかった(正確には減った)のが原因。

 一応と言うと変ですが、来客数自体は、以前の水準まで戻りつつあります。ところで最近、ちょっと悩んでいます。ええっ、サイトからの収入に対する将来のこと。このまま現在のサイトを充実させていくべきか? それとも、他にサイトを立ち上げて収入源を2本柱にするべきか? 正直言って、物販系のアフィリは大変です。

 一番の理由がASP企業から脱会するネットショップさんが大勢いる(増えている)という点。例えばあるASP経由でXというショップが気に入ったとしましょう。当然売れると想ってアフィリエイト広告をいっぱい書きますよね。ところがある日、突然そのショップがASPを脱会するっていう連絡が入ります。となると、それまで作成した記事はすべてパー。

 いったいなの為に記事を書いたのか? これから売り上げが伸びるだろうって考えていたのに……と、マァこんな感じででして。やっぱり、物販系のアフィリするなら楽天市場かヤフーショッピングでしょうね。私の推測ですがあと数年もしないうちに物販系のショップさんはASPから脱会して独自の固定客を探すか、それともヤフーなどに出店するか、そのどちらかしか道は残されいないような、そんなイメージを抱いています。

 という訳で、以前お話した777計画は挫折したと思ってください。将来(本業を辞職する事も含めて)を見据えて、新たな道を模索したいと想っています。これってみんなと同じですよ、何も分らない状況から新たな分野を目指す!! みんなも頑張ろう……最後は意味不明になりました、来年の春、税金をいくら払うのだろうと心配しているサイドビジネス‐マスターでした。クリック率の上げ方テーマ:サイドビジネス

雑談的SEOって楽しいよね

 稼ぐって言う言葉が好きな人と嫌いな人とに日本人を別けると、50%の人が好きで、50%の人が嫌いになる(かも知れない)だろう。だが、嫌いと言う人に限ってアフィリエイトの本質を探ろうとはせず、ただ「嫌い」と主張するばかりだ。しかも会社(もしくは自営業)に行き、仕事をして賃金を頂いている。

 会社に行くのは稼ぐために行くんだろう? やりがいのある仕事だから? もしもやりがいのある仕事だからいく、と言う人がいれば、賃金なしで働け。……ミクシーで見かけた記事を読んだおかげ? でちょっと憤慨しています。

 さて、本題。アドセンス広告で収入を得たいと考えた場合に重要な事は、いかにクリックしていただけるか? という点でしょう。どんなにクリック単価の高い広告が表示されたとしても、結局、クリックして頂けないと、自分の収入には結びつきませんよね

 だからと言って「この記事↓をクリックしてください」などと来訪者にお願いしてはいけないと、規約に書かれています。ですので、万が一この規約(他も含めるすべて)を破ろうものならすぐにアドセンスの停止になります。このぐらいは誰でもご存知ですよね?

小説-自分の名刺を取り出し 警部と地下の食堂に
読めと言われたからには 島に上陸して既に丸二日

SEOは雑談ではない

 話は変わりますが、自分の書いている記事に沿った内容とはまったく違うアドセンス広告が表示される場合、ブロガーとしては面白くない状況ですよね。あるいはどうせ何かが表示されるのであれば、自分の狙った広告(この場合は主に高額単価)が表示されると嬉しいですよね。

 そんな時は、自分の書いている記事内に下記のHTMLタグを埋め込みましょう。こんな時、HTMLの知識があれば誰でもすぐに書けるんですよね(埋め込めるんですよね)、ですので、HTMLの本は一冊ぜひとも手元に置いておきましょう。

 自分で書いた記事の内容で、広告として取り上げてもらいたい部分の最初に次の文字列を追加する。

<!--google_ad_section_start-->

 この間に自分の記事が入る。

<!--google_ad_section_end-->

 該当する記事の終わり部分に上記のタグを追加する。

 このように自分が訴えたい部分を強調させる事により、その趣旨に合った広告が配信されやすくなります。ただしグーグルのアドセンスロボットが巡回してくるまでは、意味を成しません。また、必ず自分の思い通りに広告が表示される訳でもありません。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります